輸入住宅のメンテナンスには注意が必要

バブルの時代から徐々に人気が出始めた輸入住宅が今は近所の住宅街でも普通にみかけるようになりました。当初はツーバイフォー工法をうたって、日本の在来工法と差別化して輸入住宅の宣伝にいちばんに挙げられていました。後に、ツーバイシックスとか、どんどん進化していきました。
輸入住宅は外観がおしゃれで、人目も引くので、人気があるのは当然です。工法も、在来工法よりしっかりしていますし、気密もよく、地震にも比較的強いといわれています。
ただ、欠点としては、ドアや窓など、建材が外国からの輸入品を使っていると、後々、メンテナンスで交換や修理が必要になった時、思わぬ出費にびっくりします。ひどいときは、交換部品を国内では調達できず、修理を諦めるはめになったこともあります。車も同じかと思いますが、住宅の部品となると、値段も高く、それなりに大きさも重さも嵩む場合がほとんどで、メンテナンスには本当に泣かされます。できれば、水場は国内メーカーのものを使って建てるようにするのが賢明です。